メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「知らなかった」節水中に放水訓練

降りしきる雪の中、松江城に放水する自衛消防隊員=松江市殿町で2016年1月26日午前9時34分、長宗拓弥撮影

 松江市でも水道管の破裂・凍結被害が相次ぎ、26日昼過ぎまでに計765件に達した。市は記者会見を開いて市民に節水を呼びかけたが、同じ日、市は文化財防火デーに合わせて国宝・松江城で放水訓練を実施していた。放水銃の水源は上水道。市まちづくり文化財課は「節水の呼びかけを知らなかった。今後はよく確認してから訓練をしたい」と釈明している。

 松江城での放水訓練は毎年恒例の行事で、午前9時すぎから四つの放水銃で約8分間、放水した。一方、市上下水道局によると、相次ぐ水道管破裂で水漏れが多発したため、全域での給水に支障が出る恐れが生じ、25日夜から一部地域で給水を減圧。水の出にくい地域が出ており、市民に節水を呼びかけた。自宅が断水した同市内の会社員の女性は「訓練は大切だが、市民生活の復旧を最優先してほしい」と憤慨していた。【長宗拓弥】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV強要 「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る
  2. 上野樹里 トライセラ和田唱と結婚 和田誠・平野レミ夫妻の長男 同居はこれから
  3. 御柱祭 氏子転落死 弁護士が宮司への告発状提出
  4. ソフトバンク アローラ副社長に役員報酬80億円
  5. 御柱祭死亡事故 落下直後ロープ接触 体の向き変わり頭から /長野

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]