メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「引退後はサラリーマン」急増…若手選手調査

 プロ野球の日本野球機構(NPB)は26日、12球団の現役若手選手を中心に行った「セカンドキャリア」に関する意識調査の結果を発表した。引退後の生活に不安を持っている選手は72.7%で昨年より3.4ポイント増となった。また、引退後の進路として「一般企業の会社員」に関心を持つ選手が急増していることがわかった。

    「引退後の生活に不安」72.7%

     調査は今回で9回目。昨年10月に宮崎の秋季教育リーグに参加した238選手(平均年齢23.7歳)を対象に無記名アンケートで実施した。引退後の仕事で「やってみたい」「興味がある」の合計は、15通りの選択肢の中で「高校野球指導者」が72%で9年連続の1位。2位も2年連続で「大学・社会人の指導者」で64%だったが、3位に「一般企業の会社員」が前回より15ポイント増の63%で入り、前回7位から急上昇した。4位は「スカウト・スコアラー等」で59%、5位は「プロ野球監督・コーチ」で58%。

     一般企業に関心を持つ選手が増えたことについて、NPBの担当者は「球団スタッフなども1年契約が多く、年金や退職金のことを考えて、安定志向になってきているのでは」と分析している。【神保忠弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 器物損壊 益城町で落書き、47歳容疑者逮捕 県警 /熊本

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]