メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

個人遺伝情報保護に不安 改正法による規制、産業振興との両立で

 病気のなりやすさなどを示す個人の遺伝情報が、改正個人情報保護法の規制対象となる方針になった。遺伝子検査ビジネスなどが扱う情報も対象だ。政府はプライバシー保護と産業振興の両立を掲げるが、「実際の保護につながらない」など危ぶむ声もある。何が問題なのか。

 ●「同意なく提供」禁止

 遺伝情報からは病気のなりやすさや体質、薬の効きやすさなどが分かり、子孫にも影響する。「究極の個人情報」と呼ばれ、就職や保険加入で差別につながる恐れがある。一方、見かけ上はDNAを構成する4種類の塩基が並ぶだけ。人の細胞には30億もの塩基対があり、現在の技術では、この塩基の並び方が分かっても本人は特定できない。

 現行の個人情報保護法は、遺伝情報が個人の氏名や住所とセットになると法規制の対象だが、氏名などと切り…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1480文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]