メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミサイル発射準備か 兆候把握 長距離弾道弾

 日本政府関係者は28日午前、北朝鮮が北西部・東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場で、長距離弾道ミサイルの発射準備を進めている兆候を把握していることを明らかにした。政府内には早ければ数日から1週間で発射が可能との見方もある。政府は中谷元防衛相による破壊措置準備命令の発令の検討に入った。

     政府関係者は「日米韓の3カ国で北朝鮮の動向を把握している。最高度の警戒監視を行っている」と指摘し、近くミサイルが発射される可能性を示唆した。

     北朝鮮は6日に4回目の核実験を実施しており、国連安全保障理事会で制裁強化について議論を続けている。北朝鮮としては、ミサイル発射をちらつかせて、安保理の議論をけん制する狙いがあるとみられる。

     政府は28日昼、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)の4閣僚会合を開き、北朝鮮のミサイル問題などについて対応を協議した。【村尾哲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元光GENJI 諸星&大沢 22年ぶり競演「他のメンバーも集まってやりたいな」
    2. 刃傷事件 「浅野内匠頭殿 乱心」 京都・西本願寺で文書発見 真相は……やはり謎
    3. トランプ氏 経済の助言組織「戦略政策フォーラム」発足へ
    4. 明星食品 チョコ、ケーキ 変な味焼きそばで最後発が狙うブルーオーシャン
    5. J1 浦和 10年ぶり戴冠へおびき寄せてカウンターで勝機!

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]