メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラや盗撮…処分で一番多い「異性関係」

警察庁発表の15年1年間

 警察庁は28日、2015年1年間に全国で懲戒処分を受けた警察官ら警察職員が293人だったと発表した。前年比7人減。処分理由別ではセクハラや盗撮など「異性関係」が最多の113人(前年比33人増)に上った。

     処分の内訳は、免職35人(前年同数)▽停職44人(前年比24人減)▽減給148人(同14人増)▽戒告66人(同3人増)。逮捕されたのは殺人事件の2人を含めて計72人だった。

     業務に絡んだ処分が69人(同33人減)、「プライベート上」の理由が224人(同26人増)。異性関係の処分のうち、セクハラは26人(同12人増)、盗撮は28人(同9人増)だった。

     処分者の年齢層別では30歳未満が最多の104人。警察庁の担当者は「若手への指導を強化したい」と話している。【長谷川豊】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 不正アクセス容疑 17歳、成績管理システムに侵入
    2. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    3. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す
    4. 特集ワイド あの前都知事と大違い、惜しまれ引退クリーン村長 本州で人口最少、信号機もない和歌山県北山村
    5. 第2パナマ運河 「第1」に並行し開通…日本、多大な恩恵

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]