メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラや盗撮…処分で一番多い「異性関係」

警察庁発表の15年1年間

 警察庁は28日、2015年1年間に全国で懲戒処分を受けた警察官ら警察職員が293人だったと発表した。前年比7人減。処分理由別ではセクハラや盗撮など「異性関係」が最多の113人(前年比33人増)に上った。

     処分の内訳は、免職35人(前年同数)▽停職44人(前年比24人減)▽減給148人(同14人増)▽戒告66人(同3人増)。逮捕されたのは殺人事件の2人を含めて計72人だった。

     業務に絡んだ処分が69人(同33人減)、「プライベート上」の理由が224人(同26人増)。異性関係の処分のうち、セクハラは26人(同12人増)、盗撮は28人(同9人増)だった。

     処分者の年齢層別では30歳未満が最多の104人。警察庁の担当者は「若手への指導を強化したい」と話している。【長谷川豊】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 昭恵首相夫人のあいさつ削除 HPから
    2. 神戸・自転車店火災 「三宮センター街」一帯に白煙、騒然
    3. 大与紙工 「ダイヨの教育おりがみ」老舗メーカーが破産
    4. サッカーキング 中田英寿が又吉直樹に引退の真相を告白「復帰する可能性もあった」
    5. 稲田防衛相 森友学園に感謝状「取り消しも検討」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]