メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サビはないかな…きっちりと保存状況調査

保存修理工事のための調査が進む国宝の銅造阿弥陀如来坐像(鎌倉大仏)=神奈川県鎌倉市で2016年1月28日、長谷川直亮撮影

 55年ぶりの保存修理工事が行われている神奈川県鎌倉市の鎌倉大仏(国宝・阿弥陀如来坐像=あみだにょらいざぞう)で28日午前、保存状況の調査の一部が報道陣に公開された。

 この日は、東京文化財研究所の森井順之(まさゆき)・主任研究員をリーダーに、作業員9人が大仏の顔や額の前に設営されたステージに上がり、損傷箇所の点検やX線を使ったサビの分析作業などを進めた。

 調査は2月初旬までの予定で、その後、ごみなどを取り除くクリーニングが施される。工期は3月10日まで。【因幡健悦】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特養 待機者が急減 「軽度」除外策、介護難民増加か
  2. 交通事故 パンク修理中に追突されて死亡 東北道・2人重軽傷 /福島
  3. 介護家族 殺人事件の「告白」/3 昼夜叫ぶ夫を「楽に」 トイレ、1日数十回
  4. 特養待機者急減 要介護者、奪い合い 施設空き出始め
  5. 交通事故 テントさん、はねられ死亡…吉本お笑いタレント

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]