メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2月17日にも2院制テーマに参考人聴取

 参院憲法審査会は27日、幹事懇談会を開き「2院制」をテーマにした参考人聴取を来月17日にも行う調整に入った。参院での憲法審査会開催は昨年9月以来。安倍晋三首相が憲法改正に積極的な発言を繰り返す中、自民党などには、昨年6月に憲法学者3人が安全保障関連法を「違憲」と主張した後、開けない状態となっている衆院憲法審査会の再開につなげ、国会での憲法論議を盛り上げる思惑もありそうだ。

     幹事懇談会では、共産党が参考人聴取の開催に反対したが自民、民主、公明各党が賛成した。今後、自民、民主両党が1人ずつ参考人の有識者を推薦する。

     2院制を巡っては、昨年9月の審査会で維新の党(当時)を除く10会派が2院政を維持すべきだとの意見を表明しており、議論を再開しやすいテーマでもある。参院自民幹部は「2院制の議論だったら野党も参加しやすい。どんどん憲法の議論をしたらいい」と述べ、改憲に向けた環境が整うことに期待を示した。

     ただ、夏の参院選を控え、参院選の争点が憲法改正になることには参院自民幹部の間に慎重論がある。別の幹部は「この時期に再開することには反対だ。票になるとは思えないので、ほどほどにお願いしたい」と語った。【高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑容疑者 花王、母の淳子さん出演のCM中止
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    4. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    5. 台風10号 迷走 進路反転、来週本州上陸も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]