メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小保方晴子元研究員が講談社から手記

小保方晴子氏

 講談社は27日、STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記を出版すると明らかにした。小保方氏が退職後、まとまった主張をするのは初めてという。講談社によると、手記のタイトルは「あの日」。全253ページで28日から書店に並ぶ。手記は、小保方氏が研究者を志したころから始まり、2014年1月のSTAP細胞の論文の発表と撤回、現在に至るまでを15章構成でつづっている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
    4. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
    5. ミナミ通り魔 死刑破棄、父ぼうぜん「吐きそう」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]