メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小保方晴子元研究員が講談社から手記

小保方晴子氏

 講談社は27日、STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記を出版すると明らかにした。小保方氏が退職後、まとまった主張をするのは初めてという。講談社によると、手記のタイトルは「あの日」。全253ページで28日から書店に並ぶ。手記は、小保方氏が研究者を志したころから始まり、2014年1月のSTAP細胞の論文の発表と撤回、現在に至るまでを15章構成でつづっている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
    2. 北海道・七飯の7歳児行方不明 130人態勢で捜索
    3. 特集ワイド 刻々と現実味増す「トランプ政権」 日本が備えるべきことは
    4. 特集ワイド もしも「トランプ大統領」が誕生したら
    5. 厚労省 健保の健康づくり、過度な特典抑制 奨励から修正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]