メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小保方晴子元研究員が講談社から手記

小保方晴子氏

 講談社は27日、STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記を出版すると明らかにした。小保方氏が退職後、まとまった主張をするのは初めてという。講談社によると、手記のタイトルは「あの日」。全253ページで28日から書店に並ぶ。手記は、小保方氏が研究者を志したころから始まり、2014年1月のSTAP細胞の論文の発表と撤回、現在に至るまでを15章構成でつづっている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 私立小設置認可基準を緩和 大阪府が要望受け
    2. 高知道 多重事故で死亡の女性、元サッカー選手と判明 
    3. エマルシェ 自己破産申請 「さくら野百貨店仙台店」経営
    4. 受動喫煙 バーなど「30平方メートル以下」喫煙可
    5. 西武筑波閉店 百貨店1店舗だけに…茨城県民ショック

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]