メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

機体を復元 鹿児島県の海自鹿屋航空基地で試験飛行

鹿屋航空基地上空を試験飛行する復元された零戦=鹿児島県鹿屋市の海自鹿屋航空基地で2016年1月27日午後3時20分、代表撮影

 旧日本海軍の主力戦闘機だった零(ゼロ)式艦上戦闘機「零戦」を復元した機体が27日、鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地で試験飛行した。

     東京のイベント企画会社が主催した。この零戦は1970年代にパプアニューギニアのジャングルで破損状態で発見され、購入した米国人らが設計図を基に忠実に復元。現在はニュージーランド在住の会社経営、石塚政秀さん(55)が所有している。石塚さんや企画会社によると、現在飛行可能な零戦の復元機は世界に数機しかなく、日本人所有の零戦が国内で飛行するのは戦後初という。

     太平洋戦争中、鹿屋航空基地からは多くの特攻機が飛び立った。石塚さんは「零戦には悲しい時代背景があるが、平和を考える史料として活用していきたい」と話している。【新開良一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    3. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    4. テレビ朝日 SMAP解散後も…スマステ&“ぷっ”すま継続へ
    5. 乳児遺体 女の映像を初公開 福岡県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]