メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大食堂

市長選PR「そう、政治カレー」や「投票割」

京都大生協とアイ・ヴォート関西が開発した「そう、政治カレー」=京都市左京区の京都大で2016年1月26日、川瀬慎一朗撮影

 京都市長選に関心を持ってもらおうと、京都大(京都市左京区)の3カ所の食堂でオリジナルメニュー「そう、政治カレー(ソーセージカレー)」(378円)が登場。投開票日の2月7日まで販売される。

     投票率向上に取り組む学生団体「ivote(アイ・ヴォート)関西」が京大生協に提案。カフェで投票証明書などを示すとコーヒー1杯が無料になる「投票割」も実施する。

     カレーはスパイスの利いた辛口ルーに、あらびきソーセージが3本乗っている。候補者3人への評価もこれで一層辛くなる?【川瀬慎一朗】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    2. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    3. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    4. 南知多ビーチランド サンタが魚にもやってきた
    5. 大林宣彦監督 余命3カ月宣言から1年4カ月で映画完成「あと30年頑張る」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]