メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年にも移転 神宮外苑地区に

岸記念体育会館の移転先

 日本体育協会(日体協)、日本オリンピック委員会(JOC)のほか、多数の競技団体が入る岸記念体育会館(東京都渋谷区)が2019年にも、神宮外苑地区に移転することが27日、関係者の話で分かった。20年東京五輪・パラリンピック主会場となる新国立競技場を含む同地区では、「スポーツの聖地」と位置付けた再開発構想の検討が進む。新築されるビルもその一翼を担うことになる。

     関係者によれば、新ビルの建設予定地は神宮球場の西側道路を挟んだ向かい側。予定地の南側には日本スポーツ振興センター(JSC)の本部ビルの建設が進む。

     岸記念体育会館は1964年東京五輪の開催に伴い、現在の場所に移転。現在のビルは地上5階、地下3階で、水泳や体操、卓球など42団体が入るが、老朽化が進んだこともあり、陸上など別の場所に移転する競技団体もあった。日体協は来月2日、加盟団体などに向けて説明会を開く。【田原和宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    3. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    4. テレビ朝日 SMAP解散後も…スマステ&“ぷっ”すま継続へ
    5. 乳児遺体 女の映像を初公開 福岡県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]