メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年にも移転 神宮外苑地区に

岸記念体育会館の移転先

 日本体育協会(日体協)、日本オリンピック委員会(JOC)のほか、多数の競技団体が入る岸記念体育会館(東京都渋谷区)が2019年にも、神宮外苑地区に移転することが27日、関係者の話で分かった。20年東京五輪・パラリンピック主会場となる新国立競技場を含む同地区では、「スポーツの聖地」と位置付けた再開発構想の検討が進む。新築されるビルもその一翼を担うことになる。

     関係者によれば、新ビルの建設予定地は神宮球場の西側道路を挟んだ向かい側。予定地の南側には日本スポーツ振興センター(JSC)の本部ビルの建設が進む。

     岸記念体育会館は1964年東京五輪の開催に伴い、現在の場所に移転。現在のビルは地上5階、地下3階で、水泳や体操、卓球など42団体が入るが、老朽化が進んだこともあり、陸上など別の場所に移転する競技団体もあった。日体協は来月2日、加盟団体などに向けて説明会を開く。【田原和宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相発言 「こんな人たち」民心離れ 支持率低下の決定打
    2. 松山空港 「みかん蛇口」お目見え 旬のかんきつ類使い
    3. 大相撲 白鵬、日本国籍を取得の意向
    4. 加計 際立つ食い違い 担当相と獣医師会、予算委焦点に
    5. 都市対抗野球 張本勲さん「ジーンとする。大あっぱれだ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]