メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりの障害

難聴になって/取材後記 もっと心やすく暮らし、働ける方法を探っていきたい

毎日女性会議(3期)に参加した難聴の女性たちが作った動画のワンシーン。感音性難聴者の聞こえ方について知ることができる=Clear Japan提供

 聞こえづらい、言葉が出にくい、見えづらい−−。日常生活に支障がありながら外見上の特徴がないため、周囲にいても気づかれにくい障害を持つ人たちがいます。その一つである難聴をテーマにした連載「となりの障害 難聴になって」を、1月27日から3回、くらしナビ面で掲載しました。併せて、ニュースサイトで、関連インタビューなども紹介しました。担当記者2人とデスクが、連載を通じてそれぞれ考えたことをお伝えいたします。

この記事は有料記事です。

残り2159文字(全文2361文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]