メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

「地球少年」名乗り魅力伝える、篠原祐太さん

ミールワームと2種のコオロギを使った「虫サラダ」を提供する篠原さん

虫食べれば世界は平和 慶大生「伝道師」がプロデュース 篠原祐太さん(21)

 「食は作業ではない。冒険だ」。昆虫食の伝道師として虫料理の普及活動に取り組む現役慶応大生、篠原祐太さん(21)。現在、自宅で数千匹の生物と同居する傍ら、地球に存在する全ての動植物や自然を愛する少年でいたい、という思いから「地球少年」の名で昆虫食の魅力や可能性を伝える活動に奔走している。彼の昆虫食にかける熱い思いに迫った。【聖心女子大・高井里佳子、写真は立教大・西野貴昭】

 「虫を食べ始めたのは、本当にふとした瞬間から」。篠原さんは、東京都八王子市にある高尾山のすぐ近くで…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです