メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

「地球少年」名乗り魅力伝える、篠原祐太さん

ミールワームと2種のコオロギを使った「虫サラダ」を提供する篠原さん

虫食べれば世界は平和 慶大生「伝道師」がプロデュース 篠原祐太さん(21)

 「食は作業ではない。冒険だ」。昆虫食の伝道師として虫料理の普及活動に取り組む現役慶応大生、篠原祐太さん(21)。現在、自宅で数千匹の生物と同居する傍ら、地球に存在する全ての動植物や自然を愛する少年でいたい、という思いから「地球少年」の名で昆虫食の魅力や可能性を伝える活動に奔走している。彼の昆虫食にかける熱い思いに迫った。【聖心女子大・高井里佳子、写真は立教大・西野貴昭】

 「虫を食べ始めたのは、本当にふとした瞬間から」。篠原さんは、東京都八王子市にある高尾山のすぐ近くで…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです