メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「民泊」の可能性と課題

 一般住宅やマンションの空き室に旅行者を宿泊させる「民泊」が注目されている。訪日外国人の増加に伴う宿不足が背景にあり、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて拡大に期待がかかる。東京都大田区は29日、全国で初めて民泊を認める条例を施行する。一方で違法状態の民泊が多いことや、近隣住民とのトラブルなど、課題も山積している。

この記事は有料記事です。

残り4332文字(全文4494文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです