メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「民泊」の可能性と課題

 一般住宅やマンションの空き室に旅行者を宿泊させる「民泊」が注目されている。訪日外国人の増加に伴う宿不足が背景にあり、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて拡大に期待がかかる。東京都大田区は29日、全国で初めて民泊を認める条例を施行する。一方で違法状態の民泊が多いことや、近隣住民とのトラブルなど、課題も山積している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです