メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30日にかけて大雪 東京23区も積雪の恐れ

 気象庁によると、九州の西にある前線を伴った低気圧が30日朝に関東の東へ達する影響で、29日から30日にかけて関東甲信地方で大雪となるという。東京都心も29日夜遅くから30日朝にかけて大雪となり、広い範囲で積雪となるおそれがある。

 30日午前6時までに予想される降雪量は、いずれも多い所で甲信、関東北部山沿いで40センチ▽箱根から多摩や秩父にかけて15センチ▽関東北部平野部10センチ▽関東南部平野部5〜10センチ▽東京23区5センチ−−の見込み。30日は朝以降は雪の降り方は弱まり、平野部では雨に変わる所もあるが、内陸では31日にかけて雪が続き、降雪量が増える所があるという。

 気象庁は大雪や路面の凍結による交通障害などに注意するよう呼びかけている。【デジタル編集部】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
  2. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
  3. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
  4. 東海道新幹線 車内に30センチのヘビ 臨時停車し捕獲
  5. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]