メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「比島戦没者の碑」に供花…日本人51万人慰霊

「比島戦没者の碑」に供花される天皇、皇后両陛下=フィリピン・ラグナ州カリラヤで2016年1月29日午前11時55分(代表撮影)

 【カリラヤ(フィリピン)高島博之】天皇、皇后両陛下は29日、フィリピンのラグナ州カリラヤにある「比島戦没者の碑」を初めて訪れ、供花された。2005年の米自治領サイパン島、15年のパラオに続き、海外での日本人戦没者の慰霊は3回目となる。

     両陛下は、戦没者の碑に白菊の花束を供え、拝礼した。フィリピンから帰還した元日本兵や、戦没者の遺族ら約150人が現地で参列した。

     戦没者の碑は、太平洋戦争中にフィリピンで亡くなった日本人51万8000人を追悼するため、1973年に日本政府が建てた。マニラから南東へ約70キロ離れたところにあり、車では長時間かかるため、両陛下は海上保安庁のヘリコプターで現地に向かった。皇太子ご夫妻時代にフィリピンを訪問したのは62年で、当時、この碑はなかった。

     今回のフィリピン訪問は国交正常化60周年の節目にあたり、友好親善を目的に国賓として招待された。両陛下は26日にマニラに到着。27日にはフィリピン人の慰霊のため「無名戦士の墓」に供花した。両陛下は国籍を問わず戦没者を慰霊することを希望されており、今回の訪問で、日本人とフィリピン人両方の慰霊碑への拝礼が実現した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤
    2. デンマーク 潜水艦内密室殺人か 女性記者の遺体発見
    3. 行方不明 新潟・長岡の中3男子 20日早朝から帰宅せず
    4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    5. 九州豪雨 「今、流されよう」不明の女性、知人に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]