メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省

「北朝鮮ミサイル発射」全国の空港事務所に誤送信

 国土交通省は28日、航空管制を管理する同省の「航空交通管理センター」(福岡市)の職員が、誤って北朝鮮のミサイルが発射されたとする情報を全国53の空港事務所・出張所に送信したと発表した。大島空港(伊豆大島)で航空会社2社に伝えられたが1分後に訂正。航空機の運航への影響はなかったとしている。

     国交省によると、センターは全国の管制部門を結ぶコンピューターシステムに、事前に発射情報を登録しておき、発射時に速やかに注意喚起できるよう準備していた。しかし職員が28日午後2時4分に誤って送信。5分後に取り消した。

     このセンターでは、3年前にもミサイル発射を同じ理由で誤って送信した。【内橋寿明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
    5. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]