メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怒れる米国

大統領選/6止 主要メディアへ不信感 「非主流」保守派、地方ラジオが受け皿

ワシントンのWMALラジオのスタジオでトーク・ラジオ番組を担当するクリス・プラントさん。壁には「リベラル・メディアは信じない」というステッカーが張られていた=22日、和田浩明撮影

 エスタブリッシュメント(主流派、支配層)への反乱が起きている。主要メディアや政治家に対する有権者の怒りは、米大統領選に思いがけない展開をもたらしている。

 「テレビカメラは民主党候補の集会に集まった3000人は映すのに、アリーナをうめた私の支持者は映さない。フェアでない」「主張をねじ曲げて伝える」。21日に米西部ネバダ州ラスベガスで開かれた集会で、大統領の共和党候補者選びで支持率トップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)が主要メディア批判を展開するたび、会場の有権者から喝采の声が上がった。

 トランプ氏は、メディア批判や政治家が言わない放言を繰り返し、政治体制に幻滅した米国民の受け皿になろ…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1194文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]