メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

反体制派らスイス国連本部前で政権へ抗議デモ

 【ジュネーブ秋山信一】スイス在住のシリア反体制派の活動家らが29日、シリア内戦の終結に向けた和平協議が始まったジュネーブの国連欧州本部前で、アサド政権による反体制派支配地域の包囲戦術に抗議した。包囲地域の住民らは草木を食べて飢えをしのいでいることから、シリアをスープ専門店に見立て「メニューには雑草や香草のスープしかない」と指摘した。

     抗議活動は「包囲スープキッチン」と命名され、シリア反体制派の活動家ら数十人が参加した。シリアの人道危機は「民間人への攻撃を続けるアサド政権やロシア軍だけでなく、危機解決に動かない国連や米国にも責任がある」と非難。「シリア人にスープを提供する代わりに飢えさせている」などと訴えた。

     中部ホムス出身の反体制活動家で、2013年にスイスに逃れたブルハン・ムーサさん(30)は「ロシアも米国も自分たちの利益しか考えず、シリア人のことなど気にしていない」と訴えた。

     包囲戦術は人や物の出入りを禁止し、敵対勢力の支配地域の生活環境を悪化させるのが目的で、アサド政権が多用している。国連によると、シリアでは少なくとも18カ所で、40万人以上が包囲下にある。食料や医薬品の支援が届かず、餓死者も出ているとされる。過激派組織「イスラム国」(IS)や反体制派が包囲している地域もある。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    3. 五輪調査中間報告 スポーツ界猛反発 長時間の議論、泡に
    4. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
    5. 陸上 男子ハンマー投げの室伏氏がミズノ退社

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]