メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官「予告なき発射を否定できず」

「発射に備えて万全の態勢」を強調

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、北朝鮮で長距離弾道ミサイルの発射準備の兆候があることについて「金正恩(キム・ジョンウン)体制の行動を検証した場合、予告なく弾道ミサイルの発射を含む挑発行動に出る可能性を否定できない」と述べ、発射に備えて万全の態勢を取る姿勢を強調した。

     これに関連し、岸田文雄外相は29日、ケリー米国務長官と電話で協議し、北朝鮮のミサイルについて「北朝鮮が挑発行動に出る可能性も否定できない」との認識で一致し、緊密に連携することを確認した。

     ケリー氏は、北朝鮮の核実験を受けた国連安全保障理事会での追加制裁決議に向けて中国の王毅外相と27日に北京で会談したことを説明。日米両国が制裁決議についても協力することを改めて確認した。電話協議は日本側の呼び掛けで約30分間行われた。【小田中大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 安倍首相 「消費増税2年半延期」政権幹部に提案
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]