メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東甲信に大雪の恐れ 東京23区で積雪5センチも

 気象庁は29日、本州の南岸沿いを東に進む「南岸低気圧」の影響で、関東甲信と東北南部を中心に30日にかけ大雪の恐れがあると注意を呼びかけた。積雪は東京23区内でも5センチ程度と予想されている。

 気象庁によると、南岸低気圧は30日朝に関東の東海上に達し、その後も31日にかけ本州の南海上に前線が停滞する見通し。このため、30日午前までをピークに山沿いを中心として広範囲で湿った雪が降り、平野部でも積もるという。

 30日正午までの24時間降雪量は多い所で、関東北部、長野40センチ▽北陸、東北30センチ▽関東南部、甲信、東海10〜15センチ。都内では、多摩西部15センチ▽多摩北、南部10センチ▽23区5センチ。【狩野智彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  2. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
  3. 社説 深刻さ増す人手不足 政府の危機感が足りない
  4. アクセス 大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈
  5. 有田陶器市 4キロに500店舗 401年目の熱気 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]