メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本鯨類研究協議会

イルカ情報交換…水族館30で設立

 和歌山県太地町の町立くじらの博物館などイルカを飼育する全国各地の水族館・園約30施設が今月、イルカ情報の交換などをする「日本鯨類研究協議会」を設立した。同博物館は昨年9月、町の鯨類追い込み漁を巡って日本動物園水族館協会(JAZA)を脱退したが、他施設は現在も加盟している。

     JAZA傘下には以前、追い込み漁で捕獲したイルカの購入順を決める鯨類会議があった。だが、JAZAが追い込み漁によるイルカの入手を禁じたため、昨年12月に解散した。会議メンバーだった大半の施設は今回の協議会に参加した。代表幹事は山口県下関市の市立しものせき水族館の石橋敏章館長。同協議会は、JAZAの加盟施設か否かを問わず情報交換していくとしている。【藤原弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]