メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本鯨類研究協議会

イルカ情報交換…水族館30で設立

 和歌山県太地町の町立くじらの博物館などイルカを飼育する全国各地の水族館・園約30施設が今月、イルカ情報の交換などをする「日本鯨類研究協議会」を設立した。同博物館は昨年9月、町の鯨類追い込み漁を巡って日本動物園水族館協会(JAZA)を脱退したが、他施設は現在も加盟している。

     JAZA傘下には以前、追い込み漁で捕獲したイルカの購入順を決める鯨類会議があった。だが、JAZAが追い込み漁によるイルカの入手を禁じたため、昨年12月に解散した。会議メンバーだった大半の施設は今回の協議会に参加した。代表幹事は山口県下関市の市立しものせき水族館の石橋敏章館長。同協議会は、JAZAの加盟施設か否かを問わず情報交換していくとしている。【藤原弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
    2. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”
    3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    4. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
    5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです