メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴親方理事長へ追い風 新理事候補選“八角支持派”高島親方落選

 日本相撲協会の役員候補選挙が29日、東京・両国国技館で投票により行われ、定員10人に11人が立候補した理事候補で八角理事長(元横綱・北勝海)や貴乃花親方(元横綱)ら10人が当選し、高島親方(元関脇・高望山)が落選した。その一方で当落線上にいると予想された伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と山響親方(元幕内・巌雄)がトップ当選。2人はともに“貴乃花派”とされるため、10人の新理事の互選で決まる理事長改選(3月28日)での貴乃花新理事長誕生の可能性が本格的に浮上してきた。

     この日の選挙の当選者は春場所千秋楽翌日の3月28日に開かれる評議員会の承認を経て新理事に就任する。さらに同日、新たな10人の理事メンバーで理事長を互選する運びだ。その新理事長の座をめぐって争うことが濃厚な八角理事長と貴乃花親方にとっては、今回の選挙では自らを支持する理事候補を1人でも増やしたいところだった。

     だが、結果は明暗を分けた。八角理事長にとっては2つの誤算が起きた。1つ目は同じ高砂一門の九重親方(元横綱・千代の富士)が票集めに難航し立候補を取りやめたこと。2つ目は当選すれば自らを支持する可能性が高かった高島親方が落選したことだ。理事長に就任した昨年12月以来、結束を固めた二所ノ関一門の2人は当選したが、理事長改選に向けて計算していた2人を失った。選挙後に理事長は「今の段階では何も言えない」と多くを語らなかった。

     一方の貴乃花親方には追い風が吹いた。当落線上と思われていた伊勢ケ浜親方と山響親方がともに最多の10票を得て当選。昨年急逝した北の湖前理事長に育てられた山響親方はその後継者に貴乃花親方が適任と判断。伊勢ケ浜親方は昨年12月の八角新理事長選出の際に「焦って決めても仕方ない」と疑問を投げかけていた。山響親方は所属する出羽海一門の票に加え、貴乃花親方を支持する超党派の若手から票が回ったとされる。伊勢ケ浜親方も一門内の支持者に加え、貴乃花親方を支持する勢力と歩調を合わせたことが功を奏した。関係者によると2人は理事長改選で貴乃花親方を支持する見込み。支持者獲得に成功した貴乃花親方は引き締まった表情で無言を貫いた。

     理事長改選へ、カギを握るのが4人当選した出羽海一門と1人当選した時津風一門だ。山響親方は出羽海一門の4人の意見がまとまるかどうか「(一門内で)まだその話はしてない」と説明。時津風一門総帥の鏡山親方は「みんなで決める。最後は多数決になるだろう」としたが、一門内には貴乃花親方を支持する若手親方も多いだけに、その動向が注目される。

     抜群のカリスマ性で協会をまとめた北の湖前理事長が急逝して2カ月。後継者争いは熾烈(しれつ)となった。そしてこれからの2カ月で、その適任者選びはさらに激しさを増すことになる。

     ▽理事長選出までの流れ 29日の理事候補選挙の当選者10人は、春場所千秋楽翌日の3月28日の評議員会で選任される。同日に新理事会が開かれ理事長を互選する。新体制での外部理事は同29日、各親方の新しい職務は同30日に決まる。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    2. TBS バラエティー番組で警察出動騒ぎ
    3. 公然わいせつ 「乳首おじさん」懲戒免職 滋賀・栗東市
    4. 共産党 「人殺し予算」発言を注意 志位委員長
    5. 捕獲の子グマ ツキノワグマではなくタヌキだった 青森

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]