メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラッピング「隼バイク」発表 並走イベントも

3月から運行するラッピング列車のイメージ=若桜鉄道提供

 鳥取県の若桜鉄道(山田和昭社長)は29日、開業85周年を記念して、スズキの大型オートバイ「隼(はやぶさ)」をデザインしたラッピング列車を3月20日から運行すると発表した。大型バイクをデザインした列車のラッピングは全国初といい、同日には列車とバイクの並走イベントなども開かれる。

     隼駅が「隼」のライダーの聖地とされていることにちなみ、ラッピングにバイクのデザインをスズキ二輪に依頼したという。同日から3年間、若桜駅(若桜町)とJR鳥取駅(鳥取市)の間の29・5キロで運行する。

     同社によると、毎年8月に同駅で開かれる「隼駅まつり」には全国から約1500人のライダーが訪れる。山田社長は「ツーリングなどでラッピング列車を見に来てほしい」とPRしている。

     運行開始日のパレード(同社など31団体でつくる実行委主催)では、隼駅と八東駅の間の5・5キロをラッピング列車が走り、線路に隣接する県道を20台の隼バイクが並走する予定。夜には若桜駅で蒸気機関車(SL)に投影する3Dプロジェクションマッピングなども行う。【李英浩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女性遺体 集合住宅の空き家で発見 神戸
    2. 大相撲夏場所 目標の賜杯に届かず 高安3敗目
    3. 宮里藍引退へ 「年下なのに早い」一夜明けても惜しむ声
    4. サッカーU20W杯 日本、堂安のゴールで1点返す
    5. 朝食 「心身によい」小中学校でパン、バナナ提供 福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]