メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

葛西3位 最年長で表彰台

3位になりカメラに向かいガッツポーズする葛西=札幌市大倉山ジャンプ競技場で2016年1月31日、武市公孝撮影

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は31日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(HS134メートル、K点120メートル)で個人第15戦が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が138.5メートル、134メートルの計259.5点で3位に入り、自身の持つW杯最年長表彰台記録を43歳7カ月に更新した。表彰台は今季2度目で、通算58回目。

     アンデシュ・ファンネメル(ノルウェー)が143.5メートル、136.5メートルの計265.9点で今季初優勝、通算3勝目を挙げた。1回目首位の伊東大貴(雪印メグミルク)は7位、小林潤志郎(同)は21位、中村直幹(東海大)は25位、伊藤謙司郎(雪印メグミルク)は29位だった。

     葛西は試合後、30日に第1子となる長女が誕生したことを明らかにした。【江連能弘】

    伊東「風にやられた」

     1回目に首位に立ち、優勝が見えた伊東は不運な風で2回目に失速。「大倉山の風にやられた」と悔しがった。1回目はW杯でのジャンプ台新記録の141.5メートルを飛び、着地も決めた。4人後に飛んだファンネメルに飛距離は抜かれたが、得点はトップ。しかし、2回目はK点越えの123.5メートルがやっとだった。「優勝争いはまだまだ厳しいかな」と控えめだったが、横川ヘッドコーチは「ジャンプは問題ない。(風が)同じ条件なら優勝している」と復調を感じ取った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    3. 豊洲市場 前市場長「盛り土ないことは認識」歴代初の証言
    4. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出
    5. 早乙女友貴 島袋寛子との結婚は「来年くらいに」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]