メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック2季ぶり日本一 帝京大に快勝

帝京大に勝利し、表彰式で喜ぶパナソニックの選手たち=東京・秩父宮ラグビー場で2016年1月31日、長谷川直亮撮影

 19季ぶりに社会人、学生の覇者同士による1試合のみで実施したラグビーの第53回日本選手権が31日、東京・秩父宮ラグビー場であり、トップリーグ3連覇のパナソニックが大学選手権7連覇の帝京大を49−15で降し、2季ぶり5回目(前身の三洋電機時代を含む)の日本一をものにした。

     パナソニックは試合開始直後にFB北川が先制トライ。前半はさらに2トライを加え、後半にも4トライを積み重ねた。帝京大は後半にフッカー堀越とWTB竹山がトライを決めたが、総合力で及ばなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    2. 黒部ダム 観光放水始まる…水煙に感動
    3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
    4. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    5. 大相撲 力士ら新幹線で名古屋入り…7月10日初日

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]