メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック2季ぶり日本一 帝京大に快勝

帝京大に勝利し、表彰式で喜ぶパナソニックの選手たち=東京・秩父宮ラグビー場で2016年1月31日、長谷川直亮撮影

 19季ぶりに社会人、学生の覇者同士による1試合のみで実施したラグビーの第53回日本選手権が31日、東京・秩父宮ラグビー場であり、トップリーグ3連覇のパナソニックが大学選手権7連覇の帝京大を49−15で降し、2季ぶり5回目(前身の三洋電機時代を含む)の日本一をものにした。

     パナソニックは試合開始直後にFB北川が先制トライ。前半はさらに2トライを加え、後半にも4トライを積み重ねた。帝京大は後半にフッカー堀越とWTB竹山がトライを決めたが、総合力で及ばなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    3. くらしナビ・ライフスタイル よい介護施設、見分けるには
    4. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    5. 介護職員 高齢者虐待2014年度300件 35%急増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]