メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡田氏「新党も選択肢」…維新と直接交渉へ

民主党大会であいさつする岡田克也代表=東京都内のホテルで2016年1月30日、小出洋平撮影

 民主党は30日、東京都内のホテルで定期党大会を開いた。岡田克也代表はあいさつで、夏の参院選に向けた維新の党との新党結成について「選択肢として排除されていない」と述べ、今後、両党代表間で結論を出す考えを示した。民主党による維新の党の吸収合併か、両党の解党による新党かという方法には言及しなかった。参院選を「安倍政治の暴走を止める選挙」と位置付け、「代表として前面に立って全力を尽くす。結果にはすべての責任を負う」と決意を表明した。

     両党は3月末を目指して新党結成の可能性を探っているが、解党を主張する維新の党に対し、民主党は意見がまとまっていない。期限が迫る中、岡田氏は維新の党の松野頼久代表と直接、交渉することを決断。あいさつでは「結果によっては党内手続きが必要かもしれないが、まずは代表の私に任せてほしい」と述べた。

     来賓で招かれた松野氏は大会終了後、「岡田氏にしては相当踏み込んでくれた」と記者団に語り、近く協議を始める考えを表明した。民主党の前原誠司元代表は「お互いが解党し、もっと大きな勢力を結集した方がいいと今でも思っているが、国民に期待される新たなかたまりを作ってほしい」と述べ、当面、両党代表の協議を見守る姿勢を示した。

     岡田氏は大会で、安倍晋三首相との対決姿勢を鮮明にしたうえで、「立憲主義は危機的状況にある。改憲勢力が(参院で)3分の2を取れば、憲法改正をしてくると覚悟しなければならない。それは絶対に許してはならない」と指摘。安全保障関連法に反対する運動が全国に広がったことを踏まえ、「そういう勢力を結集して参院選を戦う」と訴えた。

     岡田氏は、参院選で改選数1の「1人区」(全国で32選挙区)対策として、共産党を含む野党協力を目指しているが、民主党内の異論や支持団体の連合に配慮し、大会では共産党に触れなかった。参院選の勝敗ラインも明示せず、大会後の記者会見で「数字で言うのは不毛だ」と述べた。

     大会では「安倍政権を打ち負かす大きな力の結集を図る」という2016年度活動方針を採択した。【田所柳子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ポケモンGO 病院ではポスター「ポケモンたちは入院中」
    2. ポケモンGO 「シリアを助けて」…内戦の惨状訴え
    3. ポケモンGO バイクが蛇行 停止させたらスマホ画面は…
    4. 独銃乱射 「バーガー店で食べる子供の顔に発砲とは…」
    5. クローズアップ2016 ポケモンGO、日本配信 経済効果にワクワク、ハラハラ歩きスマホ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]