メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレビ討論会、視聴者半減…トランプ氏がボイコット

討論会をボイコットして開いた集会で演説するドナルド・トランプ氏=米中西部アイオワ州デモインで2016年1月28日、西田進一郎撮影

 【デモイン(米アイオワ州)西田進一郎】米FOXニュースは29日、大統領選に向けた共和党候補による28日のテレビ討論会の視聴者数が1250万人だったと発表した。同党内の支持率首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)がボイコットして影響が注目された。昨年8月に同局が主催した際の2400万人からほぼ半減したが、同局史上2位の数だという。

 候補者選びの初戦となる中西部アイオワ州党員集会を2月1日に控え、討論会は最後の直接対決の場として注目された。しかし、トランプ氏は司会者の人選などを巡って主催するFOXと対立。トランプ氏は2日前にボイコットを発表した。

 逆にトランプ氏は、退役軍人支援を名目にした集会を同時刻に設定し、他の2テレビ局に生中継させた。ただ、FOXによるとテレビ討論会の視聴者数より少なかったという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高畑容疑者 花王、母の淳子さん出演のCM中止
  2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
  3. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
  4. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
  5. 台風10号 迷走 進路反転、来週本州上陸も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]