メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米艦、12カイリ内に…中国が実効支配

トリトン島(中建島)

「航行の自由」作戦

 【ワシントン和田浩明】米国防総省は30日、中国が全域を実効支配する南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島にあるトリトン(中建)島の12カイリ(約22キロ)内に米海軍艦船を派遣する「航行の自由」作戦を実施したと発表した。米国は昨年10月にも南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で同作戦を実施。今後も定期的に続ける方針だ。

     西沙諸島では、1974年にベトナムと中国が武力衝突し、現在は中国が全域を実効支配。ベトナム、台湾が領有権を主張している。

     米海軍横須賀基地を母港とするイージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」が派遣され、現地時間30日に航行した。同省は、トリトン島周辺海域で外国船舶の航行時に事前通告や許可取得が求められるなど「過剰な要求」が行われていると主張。対抗措置として、領海内で国際法上認められる「無害通航権」に基づき事前通告なしで航行したと説明した。同省は「領有権の主張について特定の立場を示すものではない」と強調。あくまで米国を含む全ての国に認められた海洋・空域の合法的な使用の権利などを保護することが目的とした。

     南シナ海では28日、台湾の馬英九総統が、ベトナムやフィリピンなどが領有権を主張する南沙諸島・太平島を訪問し、中国もこれを支持。米国務省は「対立の平和的解決に資さない」と不快感を表明した。こうした事態を受けた今回の作戦には、航行の自由を侵害するような一方的な領有権の主張を控えるよう促す意図がある。トリトン島付近では、中国が2014年5〜7月に石油掘削装置(オイルリグ)を設置するなどしてベトナムと対立。双方の船が衝突しベトナム船が沈没する事件も起きた。

    中国「法に違反」

     【北京・石原聖】中国の領海法第6条によると、中国は「外国の非軍用船」に「無害通航権」を認めているが「外国の軍用船」には「中国政府の許可を取ること」を義務付けている。中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は30日、談話を発表し「米軍艦は法に違反し、無断で中国領海に入った」と批判。「中国の法律を尊重・順守するよう促す」と要求した。

     中国国防省の楊宇軍報道官も同日、「違法行為が関係海域の良好な秩序を破壊した」との談話を発表した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. MRJ 米西部に着陸 国産旅客機で半世紀ぶり
    2. 大阪万博 2025年誘致へ 政府、五輪後の景気浮揚策
    3. プロ野球 中日の新監督に森繁和代行
    4. トレーラー台車窃盗 男2人逮捕 大阪と兵庫で計26台か
    5. 新CM発表会 杏、若林 家族同然の連携プレー

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]