メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性巡査が拳銃自殺か…宇治の山中

 30日午後4時半ごろ、京都府宇治市炭山乾谷の府道を通行中の男性から「警察のバイクが路上に放置されている」と府警宇治署に通報があった。駆けつけた署員が、バイクから北約20メートルの山中で頭から血を流して倒れている同署地域課交番勤務の男性巡査(24)を発見。巡査は約1時間半後、収容先の病院で死亡が確認された。

     宇治署によると、巡査は右手に拳銃を握っており、銃弾が1発発射されていた。現場や遺体の状況から自殺の可能性が高いとみて調べている。

     巡査はこの日午前11時半ごろ出勤。午後1時ごろ交番を出るのを同僚が見た後、足取りは分かっていない。遺書などは見つかっていないという。平尾友春署長は「勤務中の警察官が拳銃を使用して、このようになったことはまことに残念で遺憾」とのコメントを出した。【岡崎英遠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の内容
    2. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    3. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
    4. 小池都知事 「東京五輪組織委も調査対象に」森会長らに
    5. 社説 チケット高額転売 歯止めの議論が必要だ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]