メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊真将の立田川親方が断髪式

 昨年1月に引退した大相撲の元小結・豊真将の立田川親方(34)=本名・山本洋介、山口県出身、錣山部屋=の断髪式が30日、東京・両国国技館で行われ、貴乃花親方(元横綱)や師匠同士が兄弟の横綱・鶴竜ら約300人がはさみを入れた。師匠の錣山(しころやま)親方(元関脇・寺尾)が大いちょうを切り落とすと、立田川親方は土俵上で感極まった表情を見せた。

     現役時代は礼儀正しい土俵態度で人気を集めた立田川親方。今後は指導者として「気持ちの強い、昔ながらのお相撲さんを育てたい。礼儀や所作も伝えていきたい」と述べた。

     立田川親方は2004年春場所初土俵。06夏場所に新入幕を果たし、頭を低くして押す粘りの相撲で三賞を7度獲得した。

    【村社拓信】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
    2. 北朝鮮 ミサイル発射に失敗か
    3. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    4. 熊本地震 元C−C−Bメンバーが支援ソング
    5. インド ガンジス川の水を通販へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]