メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【日本−韓国】後半、浅野(手前)が勝ち越しゴールを決め、笑顔を見せる=カタール・ドーハで2016年1月30日、山本晋撮影

 30日に行われたサッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権の決勝で、日本が3−2で韓国を破り、アジア王者に輝いた。

 ○日本3−2韓国●

 日本は2点のリードを許してもあきらめなかった。後半22分、持ち前のスピードを生かしてスルーパスに反応した途中出場の浅野が決めて1点差とすると、その1分後には山中のクロスを矢島が頭で合わせて同点。後半36分には浅野が勝ち越しのゴール。勝利への執念を見せた。

 序盤から韓国に押し込まれてピンチを招き、後半開始早々にも守備陣形が整わないうちに、2点目を奪われた。しかし、日本は五輪出場に満足せず、優勝を目指していた。その思いはリードを許しても衰えなかった。

関連記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]