メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <IT Sensor>

 社会問題の現場を市民が訪ねて考える「スタディツアー」を企画運営する「リディラバ」主催のシンポジウム「R−CIC(アール シック)」に、先日、モデレーターとして登壇した。社会起業家や有識者などを招き、社会問題を解決するための知恵やアイデアを話し合うイベントだ。

 最終セッションのテーマは「誰が次の時代のジャーナリズムと公共性を担うのか?」。テレビや新聞などのマスメディアからソーシャルメディアを使った個人発信まで、メディア環境が劇的に多様化する中で、ジャーナリズムにとって必要不可欠な「公共性」とは何かを議論した。

 「何のために発信するのか」という根源的な問いを、登壇した新興メディアの責任者に問うた。過激派組織「…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文742文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]