メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哀歓記

被災地の悲しみ /大阪

 「被災地を応援したいんですわ」

 岩手県山田町の沿岸で水産加工場を経営する佐々木俊之さん(58)は電話口の声に胸を熱くしました。

 佐々木さんは山田湾産の養殖ガキを桜チップで薫製し、オリーブオイル入りの瓶に詰めた「山田の牡蠣(かき)くん」を開発しました。コンクールで賞を取り、全国から注文が相次ぎました。

 しかし、軌道に乗り始めた矢先の2011年3月11日、東日本大震災が襲います。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです