メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是好日

シニア劇団の魅力 演じることで気付く「人生が充実」

真剣な表情で発声練習をするかんじゅく座の団員たち=東京都新宿区で、塩田彩撮影

 団員がすべて高齢者のシニア劇団が全国各地で活動している。埼玉県では、1万人規模の高齢者が出演する大群衆劇の公演も予定されている。シニア世代を魅了する演劇の魅力を探った。

 「あおいろ、えのぐで、あいうえお」「かっぱと、きつねで、かきくけこ」……。東京都新宿区の廃校を利用した公共施設の一室に元気な声が響く。高齢者世代によるアマチュア劇団「かんじゅく座」の稽古(けいこ)だ。

 団員は全員が60歳以上。先月中旬のこの日、都内外から14人が参加した。役者で劇団を主宰する鯨エマさ…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1447文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]