メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都近郊で爆発、58人死亡 ISが犯行声明

 【ジュネーブ秋山信一】シリアの首都ダマスカス近郊で31日、モスクを狙ったとみられる3件の爆弾テロがあり、在英の民間組織シリア人権観測所によると、少なくとも58人が死亡した。負傷者は100人以上とみられる。ISが関与を認める犯行声明を出した。スイスで開催中の和平協議にも影響を及ぼす恐れがある。

     現場はダマスカス中心部から約5キロ南東にあるサイダ・ゼイナブ地区で、イスラム教シーア派が神聖視するモスク(イスラム礼拝所)がある。国営シリア・アラブ通信によると、バス停近くで自動車が爆発し、負傷者の救助のために住民らが集まったところで、さらに2人が自爆用のベルトを爆発させた。

     モスク周辺はイランなどのシーア派部隊が厳戒態勢を敷き、内戦下でも治安は比較的良好だった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アシアナ航空 副機長2人が乱闘 NY便1時間遅延
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    4. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族
    5. ドリフト競技 外れた前輪直撃、女性重体 日光サーキット

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]