メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・山木屋地区で5年ぶり再開

長野オリンピックのスピードスケート金メダリスト、清水宏保さん(左から2番目)に教わりながらスケートをする子どもたち=福島県川俣町山木屋の絹の里やまきやスケートリンクで2016年1月31日午前9時49分、宮崎稔樹撮影

 東京電力福島第1原発事故で閉鎖されていた福島県川俣町山木屋地区の青空スケートリンク「田んぼリンク」が31日、5年ぶりに再開した。地元住民らが運営し、30年前から親しまれてきた。

     山木屋地区は避難指示区域だが、除染は昨年12月に終了。町がリンク周辺の空間放射線量を調べたところ、毎時0・23マイクロシーベルト以下と低減していることや準備宿泊も始まっていることからオープンを決めた。

     スピードスケートの五輪メダリスト、清水宏保さんも駆けつけ、子どもたちに滑り方を伝授した。清水さんは「震災前のように子どもの笑い声が響く場所に戻ればいいな」。【宮崎稔樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 乳児遺体 女の映像を初公開 福岡県警
    3. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    4. 阪神高速 大阪府、料金見直し案 距離に細かく連動
    5. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]