メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アジア王者でリオへ」日本代表が帰国

大勢のサポーターや関係者の出迎えを受け、トロフィーを持って帰国した遠藤航主将らサッカーU23日本代表の選手たち=羽田空港で2016年1月31日午後10時51分、徳野仁子撮影

 カタールのドーハで行われたサッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権で優勝した日本代表が31日、羽田空港着の航空機で帰国した。優勝トロフィーを手にした遠藤航(わたる)主将(浦和)を先頭に、激闘を物語るように日焼けした選手はファンらの祝福の声援に笑顔で応えた。

     空港内で記者会見した手倉森(てぐらもり)誠監督(48)は「アジア王者としてリオに行く、全勝して行くという目標が達成できた」と安堵(あんど)の表情。決勝の韓国戦は約15分間に3点を奪う驚異的な粘りで逆転勝ちし、6大会連続10回目の五輪出場に花を添えた。決勝で2得点の浅野拓磨選手(21)は「(決勝まで無得点で)悔しい思いをしていたので、最後は決めるとピッチに立った。勝つことで成長できた」と話した。【鈴木英世】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
    2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
    3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
    5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]