メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

矢田寺ミニ遍路道復活に尽力 山下正樹さん /奈良

仲間と10年、地道に整備 山下正樹さん(71)=大和郡山市

 「あじさい寺」として有名な矢田寺(大和郡山市矢田町)。本堂の裏山に、四国4県の霊場88カ所を巡礼する「お遍路」を模した約3キロの写し霊場「ミニ遍路道」がある。1925(大正14)年に整備されたが、戦後は荒廃が進んでいた。

 2005年に「矢田寺へんろみち保存会」を仲間と作った。倒木を取り除いて草を刈って歩く道を確保し、石仏を元に戻す。10年の月日をかけ、モミジ約1500本を植えた公園が昨秋完成して整備に一区切りが付いた。

 「地元の人をはじめ多くの人の協力でここまできた。地道に続けることの大切さが良く分かりました」と感慨…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り 閉幕 騒動よそに熱気あふれる
  2. 阿波踊り 熱気受け総踊り強行 絶賛、批判の声交錯 徳島市自粛再要請 会場に怒号、一時騒然 /徳島
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  5. 羽生結弦選手 映画「殿、利息でござる!」は“例外出演” 出演快諾の理由と熱い思い明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです