メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語

上方に四天王の功績あり

 一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが先月9日、85歳でこの世を去った。改めて四天王のいた時代を振り返るとともに、春団治さんのありし日をしのぶ。【山田夢留】

元さえずり会メンバー、阪本俊夫さん

 戦前から漫才ブームに押され、人気が低迷していた上方落語。戦火が追い打ちをかけ、噺(はなし)家は十数人にまで減っていたという。そんな上方落語のどん底時代、1947(昭和22)年に、後に四天王と呼ばれる六代目笑福亭松鶴、桂米朝、五代目桂文枝、三代目桂春団治は相前後して噺家人生をスタートさせた。翌年には、若手グループ「さえずり会」を結成。当時、「笑福亭松朝(しょうちょう)」として活動し、さえずり会メンバーの一人だった阪本俊夫さん(95)に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3037文字(全文3412文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです