メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ転売

名古屋市内不正見つからず52件不適切表示

 名古屋市は1日、「カレーハウスCoCo壱番屋」の廃棄カツ類が横流しされた事件を受けて市内のスーパーや弁当店など469施設に立ち入り調査した結果、28施設で計52件の不適切な食品表示が見つかったと発表した。不正な流通を疑わせる事案は確認されなかったという。

     市は1月19〜29日、食品表示法に基づく緊急調査を実施した。業務用の食品を消費者向けに販売する場合、製造元や原材料などを新たに個別に表示する必要があるが、商品名しか書かれていないなど一部で表示が欠落していたという。市は口頭で各施設を指導した。

     市は当初、150施設を調査する予定だったが、対象を拡大した。今後も監視を続けるとしている。【三上剛輝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
    2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
    5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]