メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CAEBV

娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

CAEBVで亡くなった松来未祐さん=81プロデュース提供

 昨年10月に38歳で亡くなった人気声優、松来未祐(まつきみゆ)(本名・松木美愛子(みえこ))さんの両親が、娘の命を奪った「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」の周知と難病指定を願い、伏せていた病名の公表に踏み切った。EBウイルスは日本人の成人の9割以上が保有しているとされるが、発症はまれ。通院を繰り返して感染判明まで1年以上かかった。公表は松来さんの遺志でもあった。【菅沼舞】

 広島県内に住む父の松木孝之さん(69)と母智子さん(68)によると、松来さんが最初に体調不良を訴え…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]