メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡・高尾山古墳

道路迂回させ保存へ 沼津

最有力の迂回案

 都市計画道路の建設で取り壊される予定だった高尾山古墳(静岡県沼津市)の現地保存と道路の両立を検討していた同市の有識者協議会(議長=大橋洋一・学習院大法科大学院法務研究科長)は2日、古墳を迂回(うかい)する道路案を栗原裕康市長に提示した。栗原市長は協議会の結論を尊重する姿勢を示しており、古墳の現地保…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです