メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PM2.5

ひまわり8号の観測データ活用 予測システム改良へ 九大研など、予測のずれ修正

 九州大学応用力学研究所(福岡県春日市)などは、運用中の大気汚染物質「PM2・5」(微小粒子状物質)の飛来予測システムに新型気象衛星「ひまわり8号」の観測データを活用することを決め、システムの改良に乗り出した。中国大陸でのPM2・5になる前の有害物質の発生量などを基に予測する現在の方法では、実際に飛来した際の濃度と予測にずれが生じることもあり、より精度の高い方法で1年後の運用開始を目指す。【関東晋慈】

 同研究所の竹村俊彦教授(大気環境学)らが開発した飛来予測システム「スプリンターズ(SPRINTAR…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです