メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

台風10号 岩手の老人施設で9人の遺体見つかる

挑戦者決定は27日最終局に A級順位戦8回戦

佐藤天彦八段=日本将棋連盟提供
行方尚史八段=日本将棋連盟提供

 羽生善治名人(45)への挑戦者を決める第74期名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)のA級順位戦8回戦は1日、東京と大阪の将棋会館で一斉に指され、首位を走る佐藤天彦八段(28)が久保利明九段(40)に勝って7勝1敗へ星を伸ばし、追っていた行方(なめかた)尚史八段(42)も郷田真隆王将(44)を破って6勝2敗と続き、挑戦者決定は27日の最終局に持ち込まれた。

     最終局は佐藤天と行方が対戦する。佐藤天が勝てば挑戦決定、敗れると両者のプレーオフになる。

     佐藤天と久保の対戦は久保の地元大阪であり、早くから優位に立った佐藤が2日午前0時52分、粘る久保を破った。東京では、挑戦の可能性があった佐藤康光九段(46)と渡辺明竜王(31)が相次いで敗れた。「劣勢」と見られた行方は終盤に逆転、同日午前1時16分に勝ち残った。

     一方、降級(2人)の恐れがあるのは郷田(44)と広瀬章人八段(29)、久保の3人=いずれも2勝、さらに3勝で順位下位の森内俊之九段(45)の計4人。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 受動喫煙 リスク「確実」 肺がん発症1.3倍
    2. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
    3. 麻生氏 「証券会社勤めはやばいやつ」
    4. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例
    5. 永六輔さん 久米宏らは“巻き”で別れ 黒柳の“時間オーバー”余波

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]