メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風雨レーダーのアンテナ交換

ドップラーレーダー塔へのレーダードーム設置作業=羽田空港で2016年2月2日、後藤由耶撮影

 羽田空港(大田区)にある東京航空地方気象台は2日、雨や風の動きを読み取る空港気象ドップラーレーダーのアンテナを交換し、新しい装置を取り付けた。

     羽田のドップラーレーダーは塔屋のてっぺん、高さ約40メートルにある。取り付けられているのはレーダーを覆うドーム部分で、直径7メートルのパラボラアンテナはドームの内部。半径約100キロの範囲を監視し、雨粒の動きや急変する風を捉えて航空機の安全運航に生かす。

     1月末から、アンテナを含めたシステム全体の交換作業中。新システムの稼働は3月10日ごろの予定という。【狩野智彦】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風10号 「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
    2. 和歌山射殺 緊迫58時間、突然終結 容疑者自殺
    3. 遭難 谷口けいさん死亡 「ますます活躍」矢先に
    4. 和歌山射殺 身柄確保まで58時間 対応後手に
    5. 台風10号 「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]