メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京航空地方気象台

風雨レーダーのアンテナ交換

ドップラーレーダー塔へのレーダードーム設置作業=羽田空港で2016年2月2日、後藤由耶撮影

 羽田空港(大田区)にある東京航空地方気象台は2日、雨や風の動きを読み取る空港気象ドップラーレーダーのアンテナを交換し、新しい装置を取り付けた。

     羽田のドップラーレーダーは塔屋のてっぺん、高さ約40メートルにある。取り付けられているのはレーダーを覆うドーム部分で、直径7メートルのパラボラアンテナはドームの内部。半径約100キロの範囲を監視し、雨粒の動きや急変する風を捉えて航空機の安全運航に生かす。

     1月末から、アンテナを含めたシステム全体の交換作業中。新システムの稼働は3月10日ごろの予定という。【狩野智彦】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. デジタルアート 異次元の世界を散策 お台場に専門美術館
    3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    4. つくば市 ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入
    5. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]