メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ムスリム観光客

取り込め!! 「過敏になり過ぎないで」 県も対応本格化 /和歌山

ハラール認証を受けた鶏肉の空揚げや魚のホイル焼きを楽しむマレーシアの生徒たち。制限のない魚は特に好評という=和歌山県印南町で2015年11月、小松さん提供

 和歌山を訪れる外国人観光客が増え続ける中、イスラム圏からの旅行者も取り込もうと、県内の宿泊施設で宗教上のルールをクリアしたイスラム教徒(ムスリム)向けの食事を提供する取り組みが始まっている。ムスリムは世界の人口の4分の1を占め、ビザ発給の要件緩和で訪日客が急増している東南アジア圏にも多い。大阪など大都市圏では既に対応が進んでおり、県も2日に初めてセミナーを開くなど今後対応を本格化させる。【稲生陽】

 イスラム教では豚肉やアルコールの摂取、豚肉に触れた包丁などの調理器具の使用が禁じられている。鶏肉な…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 学校事故 砲丸頭にあたり生徒けが 千葉の高校
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです