メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ムスリム観光客

取り込め!! 「過敏になり過ぎないで」 県も対応本格化 /和歌山

ハラール認証を受けた鶏肉の空揚げや魚のホイル焼きを楽しむマレーシアの生徒たち。制限のない魚は特に好評という=和歌山県印南町で2015年11月、小松さん提供

 和歌山を訪れる外国人観光客が増え続ける中、イスラム圏からの旅行者も取り込もうと、県内の宿泊施設で宗教上のルールをクリアしたイスラム教徒(ムスリム)向けの食事を提供する取り組みが始まっている。ムスリムは世界の人口の4分の1を占め、ビザ発給の要件緩和で訪日客が急増している東南アジア圏にも多い。大阪など大都市圏では既に対応が進んでおり、県も2日に初めてセミナーを開くなど今後対応を本格化させる。【稲生陽】

 イスラム教では豚肉やアルコールの摂取、豚肉に触れた包丁などの調理器具の使用が禁じられている。鶏肉な…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1083文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 山口メンバー書類送検 TOKIOの4人がコメント
  3. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
  4. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎
  5. 山口メンバー会見 詳報(1)泥酔して女性に電話「家に来て話さないか」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]