メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焼嗅がし

イワシ焼いて厄払い 住吉神社 /広島

赤鬼に歓声を上げる参拝者たち=広島市中区の住吉神社で、石川裕士撮影

 節分の3日、中区の住吉神社でイワシ約1000匹の頭を焼き、臭いで厄払いをする神事「焼嗅(やいか)がし」があった。毎年、時事問題を風刺する名物行事で、今年はマイナンバーを悪用した詐欺に遭った「貧乏神」や、小型無人機ドローンが当たった「疫病神」らが登場。みこが焼いたイワシの臭いで退治すると、参拝者から歓声が上がった。

 焼嗅がしは平安時代の神事で、古くは臭気の強いもので害鳥を追い払って農作業の無事を祈ったという。住吉…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです