メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島復興論

対談・母子避難と帰還を支える

中村美紀さん

 原発事故で「自主避難」と言われている人の多くは福島県内に夫を残して避難した母と子だ。二重生活の上、支援も少ない中で悩みは深い。山形市で山形避難者母の会を設立し、現在は郡山市に戻っている中村美紀さん(40)と、NPO法人ビーンズふくしまで支援活動を続けている富田愛さん(46)が、避難や帰還をどう支えるかを話し合った。【聞き手・冠木雅夫専門編集委員、写真・藤原亜希】

この記事は有料記事です。

残り2977文字(全文3160文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです