メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神経細胞内

たんぱく質移動分子欠けると脳機能障害 阪大がマウス実験 統合失調症新薬に道

 大阪大大学院薬学研究科の中澤敬信・特任准教授(神経科学)らが、脳の神経細胞内でたんぱく質を移動させる分子の一つがなくなると、記憶などの脳機能に障害が起きることをマウスの実験で明らかにした。3日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に掲載される。精神疾患の一種の統合失調症の新薬開発につながる研究成果という。

 記憶や学習などの脳機能は脳内の神経細胞が信号を伝言ゲームのように次々と伝えることによって可能になる…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです