メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神経細胞内

たんぱく質移動分子欠けると脳機能障害 阪大がマウス実験 統合失調症新薬に道

 大阪大大学院薬学研究科の中澤敬信・特任准教授(神経科学)らが、脳の神経細胞内でたんぱく質を移動させる分子の一つがなくなると、記憶などの脳機能に障害が起きることをマウスの実験で明らかにした。3日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に掲載される。精神疾患の一種の統合失調症の新薬開発につながる研究成果という。

 記憶や学習などの脳機能は脳内の神経細胞が信号を伝言ゲームのように次々と伝えることによって可能になる…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文688文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです